05≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07
ゆずソフト最新作『天神乱漫』2009年発売予定 『聖剣のフェアリース』応援バナー
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
傘ルートひどかった!!

先の2ルートの素晴らしさが台無しです。
なんて勿体無い。。。

最後のおまけ設定シナリオは
ちゃんと伏線の解決になっていて良かったです。

傘ルートをなくし、これをどうにかして本編に入れていたら、
より良い作品になっていたでしょうね。


以下ネタバレ。
というかストーリーそのものに対する批判。
◇傘ルートのお話
1お家のために傘が雲戌亥家を皆殺しにし、ふたみを殺す
2策は何故か傘が好きで、傘といちゃいちゃする
3傘「私、あなたと幸せになりたい(笑顔)」

流石にひどすぎると思います。
プロットの段階で気付いてほしい。


ふたみを殺すだけなら皆殺しにしなくていいでしょう、とか
なんで当代の巽が誰を選ぶかでそんな大事なことを決めるのか、とか
主人公は完全に見てるだけで為すすべなしでいいのか、とか
描写のいい加減さや誤字脱字が気になる、
特にふたみを殺すならその描写から逃げては駄目だろう、とか
いろいろ言いたいことはありますが。。。

・策と傘がお互いを好きになる過程が皆無
・雲戌亥家を皆殺しにしておいて、なぜ策といちゃいちゃして幸せになる

この二点が根本的に駄目だと思います。

しかし、傘は策が雲戌亥家を選ばなければふたみを殺すので、
序盤に策と傘のラブストーリーを入れる余地はありませんでした。

策がふたみを選ばない時点で役目を果たすなら、
その後にしか恋愛の要素が入れられないのも当然です。

・・・でも、皆殺しの後にラブラブされても読者はうんざりです。
せっかくの北都南が台無しです。

結局、シナリオか設定を大幅に変えない限り、
娯楽性や説得力を持たせることが難しい内容だったと思います。


むしろ、無理やりにでも策と傘の恋愛過程を入れて、傘が雲戌亥家を全滅させようとしたら主人公が身を挺して守って、それはふたみを守るためじゃなくてお前を守るためだとか言って、それで傘が改心して、主人公は何かのご利益で助かって、「あなたと幸せになりたい、世界は滅ぼさない、私は私のために狼を倒す」とかそんな陳腐なシナリオでも、またはふたみルートのような想像を超える設定が発動してなぜか全部うまくいって幸せになるとかでも、きっと十分に楽しめるシナリオになったことでしょう。

本編は、完全に対立した固い信念がぶつかり合って一方が他方を虐殺し、
何者もそれを解決できず主人公はただ傍観するだけ。
その状況からギャルゲーを始めるのは、どうしようもなく無理でしょう。

ふたみと此芽は、色々ありながらも最後は幸せになれたのに。
主要人物が無意味で軽い死を迎えることもなかったのに。
本当に勿体無い作品でした。
スポンサーサイト
2009.07.07 / ゲーム /
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。